Ribbonnのサイトです

りぼん&りぼん
素敵な仲間たちと小さなつぶやき
ただいま!№10
投稿日:2012年09月13日 投稿者:ribbonn

ウイディに(今日は仕事が入っていない)という情報が入ってきたので

「じゃ ウイディを引きずり廻しましょう」

「賛成!」ということで、又また彼に私たち6人の運搬役をお願いしました。

予定の一つは私がバリに来た時は必ず立ち寄るボタン屋さん

ウイデイに聴きました。

「ウイデイがガイドするお客さんで このボタン屋さんに来るお客さんいる?」

「いいえ、りぼんさんだけです。」だって

でもね。黒蝶貝とか本物の貝を原料にしたボタンって日本では すっごく高いんだよ。それに種類も沢山あるので 服に付けるボタンとして使うよりアクセサリーとしての素材にとってもいいんだよ。といくら力説しても、興味のない人たちには、どうでもいいことね。外国からも大量に買い付けにくるらしいけど、私は気にいったボタンを数多くではなく種類を多く買うことにしています。今年はこれだけです。これだけ買っても2,300円くらいです。日本だと1個が200円以上します。

そのあといくつかの店に回ってもらって、今回最初で最後の観光に出かけました。

 
 潮が満ちてきているところ  潮が引くと陸続きになります。  陽が沈むとシルエットがこんな風に奇麗だって。

 タナ・ロット寺院です。ここを選んだ理由が中心地に一番近いところだから。(約40分)最高の理由!私たちにとっては…だって私これで2回目だもん。

16世紀にジャワの高僧がこの地を訪れ この場所からの眺めに感動し、寺院を建設したんだって。インド洋に囲まれた巨大な岩島の上にたたずみ、、夕日に浮かぶ寺院のシルエットが美しいことでも知られています。干潮時は陸続きになるので寺院の下までは近づけるけど信者でないと寺院には入れません。私たちが行った時も丁度干潮時でした。夕日までには時間があったので夕日は見ないで美味しい中華レストランへと向かいました。(一番いいところを観ないで何を観に来たの?のご質問もあろうかとも思いますが、これが私たち流の楽しみ方ですので悪しからず。あはは)

花より団子です。

このグループの中にライステラス(段々畑)中でも稲が水をたたえ青々しているのが大好きなライステラスフェチさんがいました。それまで、あまり関心を占めさなかった私たちですが、彼女に つられて写真を撮りまくりました。

 

美味しい中華をたらふく食べ、たらふく飲んでホテルに戻ります。この後ひと段落したらホテルの部屋で最後の夜の女子会です。今回のバリ旅行もワイワイ、ガヤガヤ、パクパク、モリモリ、グビグビ、アハハで締めくくります。

そうそう今回の旅行はipad講習会付きの特典がありました。あのライステラスフェチの彼女は実はipadの先生もしていたのでした。今回の6人の中、4名はipadを持ってきていました。来年は確実に5名になります。時間がなかったので教えてもらうより、日ごろの疑問を解消したり、やってもらったことが多かったけど、 お得な特典付きの旅行でした。

幸太郎より
2012年09月13日
カメラ愛好者にとって、よだれが出る光景、ああもったいない、、、、
自分で行くしかない、いつの日か!
ribbonnより
2012年09月13日

価値観は人それぞれで、こうも違うんですね。だから人間面白いのかなぁ。
コメントをどうぞ
お名前(ハンドルネーム可)[必須]
メールアドレス(非公開)[必須]
ウェブサイト
コメント
写真1
写真2
写真3
数字(セキュリティコード)を
入力してください