Ribbonnのサイトです

りぼん&りぼん
タロウと愉快な仲間たち
poo ⇒ らら ⇒ rara ⇒ たろう ⇒ ぷー  ⇒ てって
投稿日:2016年11月30日 投稿者:ribbonn

このコーナーのタイトルは

「タロウと愉快な仲間たち」となっていますが

実は3年前にタロウは 空のお星様になりました。

そして今我が家にいる猫は

てって です。

 

私の68年の人生には 必ず猫が傍にいてくれました。

どの猫も のらねこです。

 

垂水に来てから14年

pooは東京から連れて来た猫です。

pooから始まった垂水での 猫暮らしも今年で丸14年 6匹目の猫とのお付き合いになりました。

 

そして また7匹目との猫暮らしが始まりました。

 

それは ある日 音もなく突然訪れました。

テレビを見ながら 編み物をしていたんです。

そして 何気なく 振りかえってみると

 

なんと てって の側に小さな子猫が…?

「あんた どうやって ここに きたと?

これが私の第一声でした。

それで

この子の名前は 女の子でも 男の子でも

「北斗」です。

 

来たと?

きたと?

きたと

北と

ほくと

北斗

というわけです。

 

きっと てってが 

瀕死の子猫に

「僕 君の面倒を見てくれる人知ってるよ。ついておいで」って 言ったに違いありません。

てって しか知らない てって しか入れない ドアから この二匹は 入ってきたに違いありません。

私が連れて来たのでも 他の誰かが連れて来たのでもないんですから…。

 

ガリガリのやせたこの子猫

目と鼻と口のあたりが怪我をしていて水もミルクモも もちろんエサも食べません。

水のような下痢が続いています。

それで次の日動物病院で点滴を受けました。

 

そんなこんなで

猫2匹との生活が始まりました。

寂しがり屋のてって には いい遊び相手が出来ました。

 

 

 

 


 

コメントをどうぞ
お名前(ハンドルネーム可)[必須]
メールアドレス(非公開)[必須]
ウェブサイト
コメント
写真1
写真2
写真3
数字(セキュリティコード)を
入力してください