Ribbonnのサイトです

りぼん&りぼん
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 次のページへ→
投稿日:2018年06月05日 投稿者:ribbonn コメント数:0件

幸せの象徴ですよね。

幸せを積極的に求めて四つ葉のクローバーを見つけますよね。

 

「幸せを呼んでくれる」って どこで聞いたのか 気が付いたら そう信じていました。

 

そしてそれは

大きな幸運の前の小さな幸運と言われています。

 

でもね

服を 気が付いたら裏返しに来ていたら

それも小さな幸運なんですって。

 

私 おっちょこちょいだから よくやるの。

だから私の性格がなせる業だけではなく 神様からのプレゼントだったんですね。

 

そんな小さな幸せが いっぱいになると 大きな幸せがやってくるんですって。

もちろん 感謝を忘れずに。

 

例えば 自分の誕生日と同じ数字の車のナンバーに出会うとか

時計を見たら ぞろ目だったり…

 

きてる。来てるよ。

大きな幸運はもう少しだ。

今十分幸運の中にいるともいえるけどね(笑)

 

まずは きょう元気に目覚めることができたことに 感謝 感謝

 

投稿日:2018年06月02日 投稿者:ribbonn コメント数:0件

ブルービーさーーーん       

 

あなたがお探しの家、庭、花は私んちですよーーーーーー!

ほら!くまん蜂さんが来てますよ。

 

くまん蜂さん お願いがあるの   

ブルービーさんに 私んちの住所を教えてね。

 

「ラベンダーセイジが立派に咲いている庭、君が探している庭は知ってるよ」って

確か 隣町のダマスクの風っていう花園に来てるはずだから…

                   

これが私んちのラベンダーセイジです。車で3分の友人宅にもっと立派に咲いてますよ。

 

 

ブルービーは幸せを 運んでくれるっだって。

これ以上幸せになってどうするの?

はい たくさんの幸せを集めて みんなにおすそ分けしたいからで~~~~~~~す。

サンタおばさんしたいの。

投稿日:2018年05月28日 投稿者:ribbonn コメント数:0件

ペットボトルの温室です。

可愛いでしょう?

これね

道具と材料はこれだけです。あっ ペットボトルも… こんかいはこのサイズしかなかったけど次回は2リットルを用意しようと思ってます。どっちがいいのかわからないので…もう少し成長したら 大きいほうがいいかもね。

①バラを茎だけ残して、切り口は45度にカットします。

 普通の挿し木と違うのは 葉っぱを全部切り落とすところ

②ジャガイモに穴をあけます。私はねじくぎであけました。

 道具は何でもいいのですが茎に合わせた穴をあけるほうがいいかな。

 小さいと入らないし、大きいと茎がぐらぐらして 付かなくなると思う。

③ジャガイモに挿したバラを埋め込みます。(土は何でもいいはず。だって直接バラに触れているのはジャガイモなんだから…)

④ペットボトルの下を切ったものをかぶせます。

これで完了。一週間後に変化があるはずなんだって。

成功したら バラだけでなくいろんなものにチャレンジしたいと思います。

 

昨日知り合いが 古布を持ってきてくれました。「何かに使って」と

それと、いろんなトマトを 今年は植えたとか。「たくさんなったらお裾分けするね」

私は亡き父が 大事にしていた盆栽用の四角い鉢を10鉢ほどと この情報を差し上げました。

 

都会と違って こうやって日々いろんなものが 交換される田舎暮らしです。

「言葉も行動も物も自分が発した分だけしか返ってこないんだよ。」の母の言葉が身に染みるこの頃です。

 

自分が聞きたい言葉を

やってもらって心地よいことを

もらって嬉しい心のこもったものを

どんどん発していきます。

 

ということで きょうは職場の子育て世代の仲間に

ドクダミで作ったかゆみ止めをプレゼントしま~~~~~~す。

投稿日:2018年04月17日 投稿者:ribbonn コメント数:0件

イラストでよく描かれるテントウムシは

ナナホシテントウムシです。

 

きょう庭で見つけたのはフタホシテントウ

梅の枝やばらについてるアブラムシを食べてくれます。

 

そのほかにヨツボシ(ホシが4個)とかトホシ(ホシが10個)、ニジュウヤホシテントウ(ホシが28個)

キイロテントウ(黄色)アカイロテントウ(赤色) もう数限りない種類があります。

テントウムシは肉食で作物の付くアブラムシなどを食べてくれるので益虫と言われて

その中でニジュウヤホシは草食で作物を食べるので害虫て呼ばれてます。

 

人間って 勝手ね。

自分に都合のいいものは益虫と呼び

自分に都合悪い虫を害虫って呼ぶんだもん。

 

人間は地球にとって、地球上に生きる全ての生きとし生きるものから見れば一番の害生物なのにね。

 

そんなことは まぁ 別にして

どんな種類でもテントウムシを見つけると幸せな気分になります。

きょうも、いい一日になりそう。

 

害生物の私、今日も垂水の町を闊歩しますよーーーーー。

 

 

投稿日:2018年04月13日 投稿者:ribbonn コメント数:0件

作詞 村野四朗 作曲 ボヘミア民謡

「ぶんぶんぶん」

 

ぶんぶんぶん はちがとぶ

おいけの まわりに のばらがさいたよ

ぶんぶんぶん はちがとぶ

 

我が家の庭にも この童謡みたいに バラが咲きました。それも 野ばらが…

きっと挿し木されたバラが枯れて本体の野ばらだけ残ったのでしょう。

(お店で売られているバラの殆どは挿し木で 増やされてます。)

写真が小さくて わかりづらいけど 蜂が飛んできました。

 

やったー

実は このミツバチで喜んだのには わけがあるのです。

実は

日本では珍しいといわれる 幸せを呼ぶ ブルービーを見たいと

我が家に ラベンダーセージを植えてずっと待ってたんです。

ブルービーは紫系の花が好きなんですって

 

 

でも昨年は来てくれませんでした。

 

だからミツバチが来るんだったら もしかしてブルービーも来てくれるんじゃないかと

大きく喜んだのです。

 

ブルービーさん待ってますよ。

 

お隣の町の鹿屋市にある「ダマスクの風」という花農園では6月から8月まで

見らます。

でもねやっぱり我が家で見たいんです。

強欲なババぁです。

 

 

 

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 次のページへ→