Ribbonnのサイトです

りぼん&りぼん
YOSAKOI仲間素敵だね♡
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 次のページへ→
投稿日:2017年05月23日 投稿者:ribbonn コメント数:0件

黒崎の会場賞を受賞の知らせ

大賞には程遠いけど

また頂きました。

ウシシ…wink やったねheart連続受賞だyes

投稿日:2017年05月22日 投稿者:ribbonn コメント数:0件

私たちが歩くと

子どもたちが寄ってきます。

腰につけたベリーダンスのジャラジャラを見て

「これお金?何万円?」

すかさず答えます。

「百万円!」

 

おじさんたちが寄ってきます。

「セクシーだね」

すかさず答えます。

「うふ~ん

 

カメラマン軍団が寄ってきます。

「カメラ壊れちゃうよ」

すかさず答えます。

「だったら新しいの買いな!」

別のカメラマン軍団がカメラから手を放し目をつむって無視します。

すかさず心の中でつぶやきます。

「カメラマンは星の数いるさ」ってね

 

仲間のチームが寄ってきます。

「踊りた――い」

すかさず答えます。

「そんなら一緒ぎ 踊りもんそや~⤴」

 

今回も北九州の黒崎に旋風 巻き起こしてきました!

ゲリラ突風にならないように気をつけなくちゃ~

被害が出て損害賠償を請求されたら大変だもんね。

 

うふふ

投稿日:2017年05月21日 投稿者:ribbonn コメント数:0件

昨日は pointを決めて念入りに練習しました。

九州の各地のチームの仲間が一緒に踊りたいと言ってくれる この踊りです。

もっと もっと きれいに踊れるよう

曖昧なところを 一つずつ直して いかなくちゃ~。

 

どこをどう間違ったのでしょう。この私

母は 踊りを見るのも唄を聴くのも嫌な人でした。

だから歌ったり踊ったりはとんでもありません。

そんな母から生まれた私ですから60歳までは 

歌ったり踊ったりは無縁の生活をしていました。

それが 毎週九州各地の祭りで踊って 毎週水曜日と土曜日は練習してるなんて…

人生何が起こるかわからないものですね。

だから今はこんな生活しているけど

10年後、20年後 50年後の私がどんなことに熱を挙げているのか楽しみです。

 

自分で枠を決めず 心のままに自由に楽しく生きていこっと!

 

 

おっと!

もう寝なくちゃ!

早朝5時に出発です。

投稿日:2017年05月16日 投稿者:ribbonn コメント数:0件

①何時も真面目なチームの代表が寝坊による遅刻(めったにないことです)

②下着のシャツを裏返えしに着てしまった。(わざとではないんです。これが大事)

③蜘蛛 それも珍しい人面蜘蛛が私の目の前に。

 

この3項目は

最近目にした[幸せの前兆]10項目のうち 3つが重なったんです。

これが コハナクモと言って全長7ミリくらいの小さな蜘蛛です。

笑ってるみたいでしょう?

 

そんなこんなで

神様からのプレゼントのYOSAKOIの受賞でした。

 

そう そう

帰りの高速道路で前の車が事故したみたいで

高速道路から降ろされました。こんな言葉でね

「ここから 出でよ

最近耳にしたことのない言葉でした。

投稿日:2017年05月15日 投稿者:ribbonn コメント数:0件

受賞なんて ありっこないとは知りつつも 内心、秘かに待ってたんですよ。実は…

 

待っていながらも いざ受賞すると

いやぁ~照れますね。

こんな私たちが頂いていいのか…。

頂いても せいぜい「面白かったで賞」「頑張りま賞」かな?って思っていたんですが…

 

振付をしてくださった とっちん先生こと谷口仁志先生のチームも今回は受賞され

ダブル受賞をみんなで抱き合って喜びました。

 

こんな日が来るなんて

あるんですね。

諦めずに 続けていれば…

 

絶対に「心から楽しんで踊った」ことが 受賞の大きな要因だったと確信します。

 

これからも負いかぶさる年齢に負けず、心から楽しんで踊り続けたいと思います。

一票を投じてくださった審査員の先生方

こんな私たちに光を当ててくださってありがとうございました。

 

「これからも精進します。」とは

言いません。

「これからも 笑顔いっぱいでこの曲を愛し、垂水をアピールします。」なんちゃって…

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 次のページへ→